「アウトレット 南町田(BEAMS OUTLET MINAMIMACHIDA)」が、東京・内に、2019年11月13日(水)オープンする。 ビームス アウトレットが南町田グランベリーパークに、メンズ・ウィメンズ・キッズ展開の駅直結型|写真1 アウトレット業態で国内30店舗目となる「ビームス アウトレット 南町田」は、商業施設と都市公園が一体となった新エリア、南町田グランベリーパークのまちびらきと共にオープン。メインとなる新商業施設の1階に店舗を構える。東急田園都市線、南町田グランベリーパーク駅(旧南町田駅)に直結しており、アクセスも良好だ。 「ビームス アウトレット 南町田」では、メパネライ時計コピーンズ&ウィメンズのカジュアルウエア、ビジネスウエアをはじめ、キッズも展開。メンズはビームス、ビームス プラス、ウィメンズは(Ray BEAMS)、ビームス ボーイ、デミルクス ビームスなどのレーベルを取り揃える。 【ストア詳細】
(BEAMS OUTLET MINAMIMACHIDA)
オープン日:2019年11月13日(水)
所在地:東京都町ブランドバッグコピー田市鶴間3-4-1 グランベリーパーク 1F
TEL:042-850-7061
営業時間:10:00~20:00
取り扱いレーベル:
メンズ:ビームス、ビームス プラス、ビームス ライツ、ビームス ハート
ウィメンズ:レイ ビームス、ビームス ボーイ、デミルクス ビームス、ビームス ライツ、ビームス ハート
雑貨・キッズ:ビーピーアール ビームス、ビームス ミニ

(NIKE)から「エア ジョーダン 11 レトロ」の復刻スニーカーが登場。2019年12月14日(土)より、メンズ・ウィメンズ・キッズ・ベビーサイズが発売される。 ナイキ(NIKE) エア ジョーダン 11 レトロ|写真1 「エア ジョーダン 11 レトロ」は、1996年4月26日にNBAのコートで初めて着用されたスニーカー。復刻するのは「エア ジョーダン 11 レトロ」の3番目となる ブレッド と称されるカラーだ。クリスマスシーズンに毎年恒例となっている「エア ジョーダン 11」の展開10周年を記念して、2012年ぶウブロ時計コピーりにこのカラーを復活させる。 「エア ジョーダン 11 レトロ」の ブレッド カラーは、ブラックをベースにレッドを効かせた色。漆黒のに、真っ赤なジャンプマンやアウトソールでアクセントを加えている。 【詳細】
ナイキ「エア ジョーダン 11ディオールケースコピー レトロ」
発売日:2019年12月14日(土)
・エア ジョーダン 11 レトロ 25,300円(税込)
・エア ジョーダン 11 レトロ GS 22,000円(税込)
・エア ジョーダン 11 レトロ PS 10,450円(税込)
・エア ジョーダン 11 レトロ TD 8,250円(税込) 【問い合わせ先】
NIKE カスタマーサービス
TEL:0120-6453-77


右)《大仏猫》¥126,000(税込) ※各色(赤、黒、白、金)50点限定 東京・表参道のMoMA デザインストアでは、2012年8月24日(金)~9月19日(水)の期間、トランクショー(期間限定販売)「ショップ+ポスター1970 s~」を開催する。 1970年にニューヨーク近代美術館(MoMA)で開催された世界ポスター展で、「腰巻きお仙-忘却編」のポスターが6ルイヴィトンブレスレットコピー0年を代表するポスターに選ばれ世界的な評価を得た横尾忠則。彼の作品ルイヴィトンケースコピーは、今秋、にも、岡本太郎、赤瀬川原平らの作品とともに出展される。 トランクショーには、MoMA限定デザインの手ぬぐいや、シリアルナンバーと横尾氏のサインの入った、各色50点限定の「大仏猫」などのデザインプロダクトが多数登場。 また、初日の8月24日(金)には、店内にて横尾氏による100名限定の抽選参加型のトークショーも開催される。 MoMA「東京1955-1970」展についてはこちらのページでチェック:
【トランクショー概要】
期間限定トランクショー「横尾忠則ショップ+ポスター1970 s~」
期間:2012年8月24日(金)~9月19日(水)
開催店舗:MoMA デザインストア
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 3F
営業時間:11:00~20:00(GYREに準ずる) 年中無休
TEL:03-5468-5801
URL: ■第2回 アート&デザインナイト トークショー
開催日時:2012年8月24日(金) 19:00~20:00(トークショー)
応募はこちらから:

※応募締切:2012年8月11日(土) 0:00 【アーティストプロフィール】
横尾 忠則(Tadanori Yokoo)
1936年兵庫県生まれ。70年にニューヨーク近代美術館(MoMA)で開催された世界ポスター展で「腰巻きお仙-忘却編」のポスターが60年を代表するポスターに選ばれ世界的な評価を得る。72年ニューヨーク近代美術館で個展。81年に画家に転向し、パリ、ベネチア、サンパウロ、バングラデッシュなど世界各国のビエンナーレに招待出品。パリのカルティエ現代美術財団での個展など内外の美術館で多数の個展を開催し、国際的に高い評価を得ている。小説『ぶるうらんど』(文藝春秋)では第36回泉鏡花文学賞を受賞。国内外での旺盛な活動は常に話題となり時代に大きな影響を与え続けている。毎日芸術賞、ニューヨークADC殿堂入り、紫綬褒章、旭日小綬章 、朝日賞など受賞 受章多数。ニューヨーク近代美術館では、以下の代表的な3作品をはじめ、数多くの作品がMoMAコレクションとして永久収蔵されている。

↑このページのトップヘ